超小型フェーズドアレイ探傷器 --PAK---

超小型フェーズドアレイ探傷器 --PAK---

【外観写真】

概要

PAKは非常にコンパクトなフェーズドアレイ探傷器です。(64/64タイプ W:125 H:110 D:90 質量約900g)
豊富なハードウェア構成を御用意しております(16/16・32/32・64/64・128/128・256/256)
ソフトウェアは日本語完全対応・サポート国内対応
ソフトウェアは必要な機能のみで構成可能(SWモジュール選択式)
PAKを組み込んだロボットの製作が可能
詳細仕様はお問い合わせください

PAK用ソフトウェア


イメージ画像

概要

安い・速い・自由の実現〜
安い:必要な機能のみを選択することで、導入費用の削減を実現
速い:マルチスレッドによる高速化・省力化を実現
自由:お客様の仕様に沿ったオリジナルSWモジュールを提供
詳細仕様はお問い合わせください


イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像 イメージ画像

自動走行スキャナシステム

※PAK使用アプリケーション例

イメージ画像

概要

突合せ溶接部自動走行スキャナシステム

特徴

高速探傷により検査の高速化・省力化を実現
スキャナはバッテリー駆動にて動作、約8時間の使用が可能
壁面・天面の走行が可能

装置構成

超小型フェーズドアレイ探傷器PAK(64/64タイプ)
プローブ(5MHlz 64エレメント 0.3mmピッチ)
超小型自動走行スキャナ(最大速度100mm/s)
スキャナ制御器(バッテリーにて動作)
ソフトウェア(A,C,S,S-B,F-Bスコープ・開先形状設定機能・欠陥グルーピング機能・CSV出力対応 etc)
データ処理用PC